事業・サービス

電気はもっと
自由になれる。

 地球環境にやさしい電気をお届けする0円太陽光サービス、お財布にやさしい電気をお届けする新電力サービス、電力事業のみならずモビリティ・ヘルスケア・決済などの異分野へのデータ活用を目指すIoTプラットフォーム「Utility Suite」、未来の電力システムの在り方を研究しや個人間電力取引(P2P電力取引)を開発する研究開発事業など、電気×テクノロジーを軸に持続可能な社会とQOL(Quality of Life)の向上を目指して、TRENDEは事業を展開しています。

新電力サービス

あしたでんき

最短10分の簡単オンライン申込。エネルギーからお客さまの生活を応援します。

 「あしたでんき」は、従来の電気料金をよりシンプルに、そしてわかりやすく、各ご家庭の使用量に合わせたプランをご用意しています。お申し込みから電気使用量の確認など、すべてオンライン上で完結。
 基本料金0円で使った分だけお支払いの「標準プラン」、電気の使用量が多い方の「たっぷりプラン」、この2プランから選べる“お財布にやさしい電気”のご提案です。

0円太陽光サービス

ほっとでんき

設置無料で電気料金が最大で20%オフ!電気代と環境を応援していきます。

 「ほっとでんき」は空いてる屋根を有効活用し、太陽光パネルを設置することで電気料金が最大で20%お安くなるサービスです。
 太陽光パネルや発電設備など初期費用は無料、契約期間終了後もそのままご利用いただけます。ご家庭でつくられた地球に優しい太陽光発電のエネルギーは、災害などの停電時にもご利用可能です。 また、実証実験中の個人間で電力の取引を行う、P2P(Peer to Peer)電力取引システムに繋がっていく事業です。

電力プラットフォーム開発

経済的・効率的に電力小売ビジネスを行うためのプラットフォームです。

 Utility Suite はAIを活用した電気の需要予測や需要予測にもとづいた電気の見える化を実装したユーザーフレンドリーな電力小売プラットフォームです。電力小売事業を効率よく経済的に行いたいというニーズに応えてB2Bで提供しています。そしてUtility SuiteはP2P電力取引のシステム基盤となり、さらにはIoT連携による異業種間でのデータ活用プラットフォームへと発展進化していくことでユーザーの皆様のQOL向上を目指します。

次世代電力取引の研究開発

次世代電力プラットフォームを研究しています。

 私たちは、国立大学法人東京大学、トヨタ自動車株式会社とともに、ブロックチェーン(*1)を活用し、電力網につながる住宅や事業所、電動車間での電力取引を可能とする次世代電力システム(P2P(*2)電力取引)の共同実証実験を進めています。

  • ※1 分散型台帳技術とも呼ばれ、台帳情報をネットワーク参加者全員で共有することで改ざん耐性を持つデータベースを安価に構築する技術。
  • ※2 Peer to Peerの略。特定のサーバーやクライアントに依存せず、ノードと呼ばれる各端末が対等に直接通信を行って取引等を実行する仕組み。